1. 営業事務は営業職を支えるお仕事

営業事務は営業職を支えるお仕事

一般事務は、その企業に存在する部署等あまり関係なく事務業務全般をこなしていきますが、営業事務は営業部署内で主にその業務をこなしていくことになります。

仕事内容で見れば、一般事務の仕事とさほど大差ありません。

資料や書類の作成や整理や管理も当然行いますし、必要なデータや情報をパソコンでまとめたりなどの作業も行います。

ただ、それらの作業が営業に関することという点で一般事務とは少々異なってくるでしょう。

高いレベルが求められる営業事務

ある商品を取り扱っているのであれば、その商品の知識を身につけ、営業職に就く人たちがその職務を全うできるような資料や書類の作成を行います。

決まった形式で資料や書類の作成を行っていくというよりは、個別の商品に合った、あるいは営業職の人たちの意思なども汲み取った上で形にしていくことが求められるでしょう。

特に商品を売り込むために必要となるプレゼン資料などは、営業の人たちとコミュニケーションを交わしながら練り上げていきます。

営業能力によって企業の業績が変わってくるのは当然のこと。

その営業能力を最大限発揮できるかどうかは、営業事務にかかっていると言っても過言ではないのです。

商品を実際に発注したり受注したりなどの業務も担います。

それに関連した伝票や請求書の作成・発行、在庫の管理なども行うため責任は重大。

営業の人たちだけではなく企業が抱える顧客との電話対応やメール対応も行いますし、接待や交渉などの場にも同席することがあるかもしれません。

その時には、接待や交渉などのセッティングも任されるでしょう。

相手企業、あるいは担当者との間で日程調整なども行います。

そのため、非常に高いコミュニケーション能力とビジネスマナーを備えていなければ務まらない職種でもあるのです。

社内で会議があれば、事務職がそのための準備を進めていきます。

他部署との調整や連絡、それに使用する書類等の整理を行い、会議がスムーズに行われるような環境を作り上げなければいけません。

営業部の窓口的存在となるため、商品や取引に関するクレームにも対応することになるでしょう。

一概には言えませんが、一般事務を担う人と比べると、このクレーム対応も含め、企業にとってより重要な役割を担います。

企業のイメージを決定するかもしれない仕事と理解しておく必要がありそうです。

営業事務になるために

特別な専門知識は必要ありませんが、経理に関する知識や、海外のクライアントと取引をするときには必須となる英語力、簿記検定、秘書検定などの資格は持っておくと有利です。

その他、パソコンに関する知識や資格もあるに越したことはありません。

少なくとも、日常的にパソコンに触れていなければ、営業事務には採用されにくいでしょう。