貿易事務は、その名の通り貿易に関連する企業での事務作業や、その職に就いている人のことを指す言葉です。

貿易には輸入と輸出がありますが、前者で言えば、輸入の通関に関する手続きや輸入された商品の管理手続き、あるいは然るべき場所への配送手配などの仕事を担います。

後者であれば、同じように輸出の通関に関する手続きや、それに必要な書類の作成、輸出のための配送手配などを行います。

貿易事務の具体的なお仕事

輸出入には関税や消費税などお金に関するやりとりも必須となりますが、これの確認作業や書類の作成・送付なども貿易事務のお仕事です。

その他、見積書や請求書の作成や送付、商品等の受注や発注対応、納期に関する他社とのスケジュール調整、伝票の整理、ビジネスレターの作成、営業のサポート、展示会のある企業の場合はそれに関する業務など、この職種が抱える仕事は少なくありません。

仕事内容が、企業や取り扱う商品によって大きく変わってくる点も特徴的です。

一般の事務職の仕事内容と同様で、電話やメールの対応、来客への対応も行うことになるでしょう。

データ入力の作業などは書類の作成時に必要となるため、やはりパソコンの知識は持っているに越したことはありません。

今まで一度もパソコンに触れたことがない人では務まりにくい職種であることは確かです。

また、輸出入に関する作業をスムーズにこなすためには、法律や為替など貿易に関する知識も持っていなければいけません。

ただ、これらはこの職に就いてから身につけることもできるので、未経験でも転職することは十分に可能です。

貿易事務の仕事に必要なスキル

貿易事務の職に就くために何か特別な資格が必要というわけではなく、チャレンジ精神さえあれば問題なく仕事をこなしていくことができるはずです。

必要なものがあるとすれば、英語力。

求人を見ていくと必ずしも全ての企業が必須としているわけではありませんが、ほとんどの企業が英語力を求めています。

電話やメール対応時、あるいは書類を作成する時にも、やりとりの相手が海外企業であることも多く、英語はほぼ必須であると思っておいて間違いないでしょう。

他にあると有利な資格で言えば、国家資格である通関士。

ただ、これを必須としている企業はほとんどないのであまり気にする必要はなさそうです。貿易事務の職に就いてから通関士の資格を目指すという道も考えられます。

資格というわけではありませんが、代金の支払いに関する手続きや計算、それに付随した書類の整理などもあるため、数字の扱いに慣れていたり好きであることは有利に働くでしょう。

一般事務職よりもさらに高いコミュニケーション能力を持っていなければ務まらない仕事でもあります。

  • 1