医療施設の中でも、歯科医院という場で事務作業を行うのが歯科事務と呼ばれる仕事です。

この言葉自体は、日頃あまり使われることは少ないかもしれません。

歯科医院での求人などを見ても、「歯科助手」や「歯科受付」などと表現しているところの方が多いでしょう。

この歯科事務の仕事内容が多岐に渡ることが、その主な理由です。

歯科事務と医療事務、何が違うの?

医療施設での事務仕事といえば医療事務と呼ばれるものが思い浮かびますが、もちろんそれと同じ仕事も担います。

カルテなどをもとに診療報酬のチェックをし整理したり、その他必要な書類の作成や管理なども重要な仕事の一つ。

予約や問い合わせの電話も非常に多いはずですから、それにも適切に対応しなければいけません。

最近はメールやアプリなどを利用し患者さんの管理や予約の受付などをしているところもあるため、全くの機械音痴では務まらないでしょう。

事務職ですから、当然パソコンの扱いに慣れていた方が有利です。

受付、および患者さんへの対応も行います。

診察券を預かったり保険証をチェックしたりなどし、治療が終わればそれらを返すとともに必要な薬なども渡します。

歯科医院の場合、そこまで広いスペースを持っているところは多くありませんが、院内、または診察室の中に入った時の案内役などもこの事務職に就いている人が行うことになるでしょう。

このあたりまでは医療事務の仕事内容とさほど大差はありません。歯科事務では、さらに治療のお手伝いを担うケースが多い点が特徴的です。

例えば患者さんが座っている椅子を倒したり起こしたり、治療中のライトの位置などを調整したり、歯科医師が使用する器具を用意したりなど、事務という言葉からは少しイメージしにくい仕事も担います。

治療が終わればそれらの器具を片づけたり掃除をしたりなどもしなければいけません。

看護師のような医療行為までは行いませんが、患者さんから見ればそれと同様に見られることもある、そういう意識でいるといいでしょう。

歯科事務の給与は?

このように、覚える仕事はたくさんあります。

専門用語や機器や器具の名称も覚える必要が出てきます。

仕事内容は、まさに盛りだくさん。単に事務作業を行えば務まるとは思っておかないことです。

仕事は盛りだくさんですが、給与は月収20万円弱くらいが相場です。

残業などがあまりないことと、基本的なことを覚えればあとはそれをこなしていくだけであることを考えれば、この程度の給与額でも女性にとっては魅力的な仕事となるのかもしれません。

  • 1