書類の作成や整理、電話対応などを行うのが主な仕事内容となる事務職。

その中でも、医療機関においてそれと同様の役割を担うのが医療事務と呼ばれるお仕事です。

医療事務は具体的に何をする?

病院やクリニックなどが職場となるため、取り扱う書類などが少々特殊かもしれません。

患者さんのカルテを管理したり、診療報酬に関わる書類の整理をしたりなど、その多くが通常の一般事務職では触れることのないものばかりでしょう。

特に、「レセプト」と呼ばれる保険診療に必須の医療報酬に関わる明細書、これの作成が主な仕事であると言ってもいいかもしれません。

医療機関によって名称は若干異なりますが、通常の病院やクリニックの場合にはこれは「診療報酬明細書」と呼ばれます。

医療事務として働くと、これの作成作業に追われることになるでしょう。

カルテや明細書などの管理・作成・整理以外にも、来院した患者さんへの対応も重要な仕事の一つとなります。

受付において問診票等の記入を求めたり案内をしたりなどしなければなりません。

医療知識を持たないので専門的な質問等には答えられませんが、それぞれの医療施設のイメージは医師や看護師とともに、事務職に就く人にも左右されることが多いため、一般企業の事務職と比べるとその施設の「顔」としての役割は非常に大きくなるでしょう。

資格がなくても大丈夫!?

医療機関での仕事ということもあり特殊なイメージを持つ人も多いかもしれませんが、仕事内容はともかく、医療事務は特別な資格などがなくても就くことが可能です。

もちろん、民間の資格は存在しています。それを持っているに越したことはないと考える医療施設もあれば、それよりもこれまでの社会人としての経験やコミュニケーション能力、パソコンへの慣れなどを重視して採否を決定しているところも少なくありません。

重要な仕事となるレセプトの作成に関しても、最初は難しく感じるかもしれませんが、慣れてしまえば同じ作業の繰り返しのため、未経験者でもさほど高いハードルとはならないでしょう。

医療事務の仕事内容に関して説明してきましたが、すべての医療施設が1人の人に対してこれらすべての仕事を課しているというわけではありません。

受付は別に人がいたり、外来クラークと呼ばれる、施設内の案内や診察の予約などを受ける職が事務職とは別に設けられているところもあります。

応募する際には必ず求人をチェックし、どのような仕事内容なのか、その詳細を確認することを忘れないようにしましょう。

  • 1